RKTY's

4creators site

メニュー

弱者の天鳳日記 – 001

この記事は約1分6秒で読めます

どうも。安定段位2段の弱者実槻です( ‘-’  )
この日記は誰かに聞きたい牌譜を日記として記しておこうという物です。
弱すぎて自分の判断に全く自身がなくアドバイスが欲しいです。
更新頻度はかなり低いかと思います…強くなって行くに連れて増える可能性も。
まだまだ局数の少ない若輩者ですがよろしくお願い致します。

本日の牌譜は2点あります。
まず一つ目はラスで終わった半荘の振り込み。
牌譜OneDrive
2017092609gm-0089-0000-bdb40b80&tw=1&ts=6伏せ
ここで選択したのが2ですがこの局面では確実に⑨切りでしょう。
⑧が既に3枚切られてしまい嵌⑧を残しておいても和了り目はゼロに等しいはず。
ここでの打牌選択のミスは自分でもわかります。
ただ問題なのはこの2で上家に振り込んだと言う所です。
2は先切りの感覚で切っています(私は先切りが多すぎ手牌を狭める傾向があります)。
この時点での上家の聴牌を読めるのでしょうか…。
ただ2切りは不用意というかダメですね。
完全にメンツオーバーなのでドラを残して嵌張を払うのが良い気がします。

もう一つは仕掛けがやり過ぎではないかどうかです。
牌譜OneDrive
2017092610gm-0089-0000-a8371e7e&tw=3&ts=6仕掛け
安全に聴牌できたら行こうと言う感覚で仕掛けています。
また發を鳴かないと和了り目はゼロで白は安牌西もほぼ安牌と言う感覚です。
4のくっつき、もしくは通った場合4を切って、九は勝負する予定でした。
ラスのリーチですしここは降りる為に發は仕掛けない方が良いのでしょうか。
和了り形はたまたま九が重なって振り込まずにトップを決める和了りとなりました。
2017092610gm-0089-0000-a8371e7e&tw=3&ts=6和了
ですがこれは完全に結果論で大抵の場合振り込みになるのではないかと思っています。
二着三着率が多いので少し強気に行きましたがこれはやはりやりすぎなのでしょうか…。

以上が本日の牌譜です。
自分なりにどうやるのが最適かを見直して考えてはいますが…。

是非どんどんコメントでアドバイスをお願い致します。

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

AboutThisHP

RKTY'sは4人のクリエイターによるブログ兼作品紹介ページです。
黒い砂漠の関連記事はこちら

絵描き: 雪松
物書き: 坂上
作曲家: 全全力力
演出スクリプター: 実槻

サイトに関するご意見等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
サイト管理責任者: 実槻