RKTY's

4creators site

メニュー

LivaにUbuntuServerを(実槻)

この記事は約1分38秒で読めます

LivaBox

昨日辺りに届いた白い悪魔LIVA(ECS LIVA-C0-2G-64G-W)
これを新しいサーバー機にしようと思ってね。
とんでもなく小さいんだよコレがw

小さいし、消費電力も小さいから常時運用Linuxサーバーとして買いました。
ただ、当初はCentOS6を利用しようと思ってたんだけど、色々調べるとCentOSには対応してないらしい。
シェル操作とかで色々いじれば出来るかもしれんが、そこまでは私の技術ではできんのでねぇ…

とりあえず箱から出した図が下

LivaParts

小さいでしょ…タバコの箱とほとんどサイズ変わらんです。
非常におすすめの一品ww

上記サイトを参考してもらえれば出来ると思うんですが…
私の場合、eMMCのインストール場所でchrootがうまく行かんでした。
mountするとファイルやディレクトリがあるのに、見つかりません的な英語のエラーが出て、諦めましたw

mountはWindowsで言うDeamonToolsみたいな仮想マウント機能で、
Linuxは初期状態でOSに機能として備えているらしい!!便利!!

結局LIVAにはUbuntuServerではなく、UbuntuDesktopを入れて、
VirtualBoxを入れて仮想でUbuntuServerを動かすという方法を取りました。
(何で仮想OSをCentOSにしなかったんだろう…)

UbuntuDesktop入れて気づいたこと・・・
結局Terminalで操作するのかよ!!!
WindowsはGUI操作慣れてるからいいけど、LinuxはCUIでの操作に慣れすぎてて、
GUIで操作が難しい。。。と言うかCUIの方が早いww

なおUbuntuDesktopの場合は再起動とかでおかしいことにはならないらしいけど、
私の環境だとSudoRebootで再起動すると再起動時、画面真っ黒で起動しなくなる。
CUI切り替えも試したけど変わりませんでした…
まぁ再起動しないんで問題ないのかなぁとは思いますけどね。

私と同じ現象の人いないのだろうか…もしくは解決してる人いるんだったら教えて欲しいです。。。
1. UbuntuServerではなくDesktopでも再起動時に画面真っ黒で再起動が失敗する。
2. eMMCのインストール場所でchrootのmountが失敗。ファイルやディレクトリが無いって、あるのに怒られる。

完成形

LivaSize

参考ホームページ
ECSのLIVA-B3-2G-32Gにubuntu-server14.04 を今度こそインストール
[番外編] ECS LivaでLinuxサーバ構築 (導入編)
第323回 1週(2週?)遅れのGW特別企画!・ECS LIVAでUbuntuを使う

(RKTY’s 実槻)

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

AboutThisHP

RKTY'sは4人のクリエイターによるブログ兼作品紹介ページです。
黒い砂漠の関連記事はこちら

絵描き: 雪松
物書き: 坂上
作曲家: 全全力力
演出スクリプター: 実槻

サイトに関するご意見等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
サイト管理責任者: 実槻