RKTY's

4creators site

メニュー

RKTY’sサイト改修とGTmetrix解説(実槻)

この記事は約2分4秒で読めます

今年はしっかりRKTY’sのHPを改修しようと思って、
GTmetrixというサイトを利用してとりあえず速度を測ってみた…。
結果……

GTmetrix-20150103

やっぱり散々でしたよww
わかってました、えぇわかってましたとも…だって表示に2秒かかりますからね。

簡単に改修出来る項目から順番に見ていく。

・Specify image dimensions
これはイメージ画像にサイズの指定をしていないから、
表示が遅くなっているよというものだ。
例: (Dimensions: 260 x 161) (4 uses)
imageタグに260*161という指定をしてください。4箇所で利用してますよという風に書いてある。
これはもうソースコードをいじれば問題なくすぐ終わると思われる。

・Optimize images
これはもう読んで字のごとく?w
画像の最適化してくださいというものだ。
これもPhotoshopを使ってWeb用保存とかすれば即効終わるでしょう。
おそらく(**% reduction)というのは**%圧縮できるとかそんな感じだろう。
圧縮関係的にWebはPngを使えと以前お世話になった会社で教わったが、本当にそうなのかはわからないですw

・Combine images using CSS sprites
これはCSS spritesを使ってくださいという指示です。
適当にサーフィンすると、画像をひとつにまとめてCSSで表示を変えるというものだろう。
吉里吉里のボタンの様にOnMouse,OverMouse,OutMouseみたいな感じでしょう。(予想w)
でも難しいとか敷居高いとか書いてあるからもっと難しい物なのかもしれませんw
参考URL: [試] サイト表示速度を高速化する方法 | CSS Sprite(CSSスプライト)による表示速度改善

・Leverage browser caching
これは…キャッシュと書いてある……。
おそらく一番めんどくさそうであるw
ちらっと除いたサイトでは.htaccessを編集するだけで可能と書いてあるが、果たしてそれだけで済むのだろうか。
参考URL: Leverage browser cachingの改善
試してはいないし知識もないですが、
上記方法は応急処置的なものでサイトのスピードが実際に変わるとは思えないのだが…。
簡単なので一度やってみて実際の表示速度が早くなるようなら実装すべきでしょう。
Hpの静的Htmlの生成を行っていないのも問題なのかもしれない。

・Optimize the order of styles and scripts
解説(readMore)を読むと外部呼び出しのオーダーが最適化されてないから、
サイトに負荷がかかってるのでSCCを最適化してくださいの様なものであろう。
JSやCSSの最適化は非常に敷居も高く面倒なので後回しだ。(私感)

・Defer parsing of JavaScript
これはJSで重いものがありますよ的なものだろう。
JSで重い物もっと最適化してください。利用してないものは切ってください。
とかそういったものだろう…。
これも非常にめんどくさそうなので後回しだ。
ただし切れるプラグインはあるはずなので、軽く先に消せるものは消すべきだろう。

以上がGTmetrixで測定してRKTY’sが直面しているサイトのスピードの遅さの原因である。
今年はこれらを改善していきたいと思っています。

(RKTY’s 実槻)

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

AboutThisHP

RKTY'sは4人のクリエイターによるブログ兼作品紹介ページです。
黒い砂漠の関連記事はこちら

絵描き: 雪松
物書き: 坂上
作曲家: 全全力力
演出スクリプター: 実槻

サイトに関するご意見等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
サイト管理責任者: 実槻